吸引タイプのリレンザはインフルエンザ治療薬です。リレンザは治療だけではなく予防薬として使えますし、 タミフルと違い副作用も少なく即効性がある薬で、新型インフルエンザにも効果があり安全性の高い吸入薬です。

リレンザ使用で異常行動が起きることもある

リレンザ使用で異常行動が起きることもある リレンザの使用では異常行動が起きることもあるので注意が必要です。とく […]

リレンザの効果
リレンザは 薬の粉末を吸って 器官に直接届きます
比較
リレンザ
吸引薬 吸い込んで呼吸器に薬を直接届ける
感染48時間以内で早期治療が期待できる ※即効性があるため
リレンザが効きにくいウイルスが存在しない
子供でも使用できる
タミフル
カプセル剤 飲んで吸収し、血液をたどり器官に届く
感染24時間以内で早期治療が期待できる
タミフルが効きにくいウイルスが存在する
子供には原則として使用されない
リレンザの副作用
未成年の異常行動が報告されているタミフルより副作用が少ないです。しかし、2日間は注意して見守ってください。
インフルエンザによる異常行動もあるため、服用しない場合でも注意して見守る必要があります。
※副作用が少ない薬ですが、薬である以上、リスクは0ではありません。
重大な副作用としてショック、アナフィラキシー反応症状が現れることがあり、服用後は十分に観察するよう注意が必要です。
異常が現れた場合には速やかに服用を止め、専門の医師に相談するようにしましょう。
リレンザ正規品を購入する

リレンザ使用で異常行動が起きることもある

リレンザの使用では異常行動が起きることもあるので注意が必要です。とくに、投与間隔が短い場合や、思春期の子供の場合におきやすいといわれています。ただし、インフルエンザという病気そのものがこのような異常行動を引き起こす可能性もありますので、本当にリレンザが問題なのか、それともそれはたまたまで、インフルエンザという病気そのものによって起こっているのかまではまだよく分かっていません。
具体的な異常行動としては、高層階の窓から飛び降りたりしたケースが報告されています。このような行動は非常に危険であるだけではなく場合によっては死亡に直結しますから、十分に注意する必要があります。対処法としては、リレンザを使用している患者を一人きりにせず、常に他の人の目の届く範囲におくようにすることです。ついつい目を離した隙にこのような行動を起こす可能性がありますから、たとえ短時間であっても、また寝込んでいるように見えても、目を離さない、一人きりにしないことが大事です。
とはいっても看病するほうも人間ですから、24時間ずっと目を離さずにいることは困難かもしれません。2人以上で看病できるような体勢で見守るか、それが難しい場合には思い切ってリレンザの使用を中止させるというのも方法です。一般的に、インフルエンザはとくにリレンザを飲まなくても、暖かくして安静にし、水分や栄養を十分に摂取するなどの対処療法だけでも十分に回復が見込まれるからです。

子供でリレンザを使用した場合による異常行動の具体例

子供がリレンザを使用した場合、異常行動という副作用の報告例があります。しかし、異常行動と言われてもいったいどんな症状なのかピンとこないでしょう。具体例としてはどういうものがあるのでしょうか。
これは、ひっくるめた言い方をすれば、興奮状態に陥ることで起こすような症状が多いです。興奮して周囲の状況が分からないような状態になるわけで、例えば部屋の中を走り回る、寝ていたと思ったらいきなり飛び起きて走り出す、家の中を落ち着きなくうろうろする、窓を開けて外に飛び出そうとするといった症状が代表的です。
これらの症状は、場合によっては命に関わることもあります。突如家の外に走り出したりしては交通事故にあう可能性もありますし、窓を開けて外に飛び出そうとするというのも、1階の部屋であれば打撲程度で済むかもしれませんが、マンションの高層階であれば即座に命に関わることになります。
このような異常行動は、リレンザの服用開始から早い段階に見られることが多いです。ですので、推奨としては、服用開始から少なくとも2日間くらいは、子供から目を離さないようにしましょう。また、目が覚めているときではなく、むしろ睡眠中や睡眠から目覚めた直後に起きることが多いと言われています。ですから、ぐっすりと眠っているように見えても子供を一人きりにしてはいけません。とくにマンションの高層階に住んでいるような人は、子供と同じ部屋で就寝するようにしたほうがよいでしょう。

リレンザで異常行動が出る原因と対処法

リレンザはザナミビルを主成分とし、インフルエンザ治療のために開発された吸入薬です。平成18年頃に広く知れ渡ったタミフルの異常行動ですが、リレンザにおいても国内での報告がされており、そのほとんどが熱性せん妄と思われる症例となっています。熱性せん妄とは高熱時に子供に多く見られる異常行動のことを指します。例えば、うなされる・うわごとを言う・見えないものが見えるといったもので、中には窓から飛び降りるといった行動も報告されています。
原因としてまず一つ目に脳の温度が上昇したことが考えられます。体温の上昇と共に脳の温度も上がり、それが脳機能の障害へと繋がってしまうことで夢と現実を混同してしまうのです。
二つ目には脳波の変化が考えられます。熱性せん妄時の脳波は脳機能が障害を起こしたときなどに出現する徐波と呼ばれる波形になっていることが多いのですが、そこへ興奮状態を表す速波と呼ばれる波形が何らかの理由で混ざってしまったときに異常行動に繋がることがあります。
対処法としては基本的に1時間以内には治まるので、その間は極端な異常行動を起こさないかどうか見守ってあげましょう。もし、治らなかった場合には早急な受診が必要です。 また、 インフルエンザ脳症の症状が熱性せん妄に似ているので注意が必要です。インフルエンザ脳症の症状としては異常行動・意識障害・痙攣があります。異常行動以外の症状が出るか、または約1時間を目安に異常行動が収まらない場合にはインフルエンザ脳症の可能性があるので早く病院で診察を受けましょう。

インフルエンザ治療薬リレンザと異常行動の関連性とは

インフルエンザ治療薬であるリレンザには、副作用として異常行動が起こることが知られています。例えば突然走り出すとか突然駆け回るなどといった興奮行動があり、とくに思春期の子供に多いと言われています。ただし、このような異常行動とリレンザとの関連性についてはよく分かっていません。リレンザを使用した子供に異常行動が見られたからといっても、それが薬のせいかどうかは明確には分かるものではありません。とくに、リレンザを使用した以上は、インフルエンザという病気にかかっている状態であるわけです。そして、薬を飲まずともインフルエンザという病気自身によって引き起こされるものかもしれませんし、それとも併用している別の薬によるものかもしれません。
とくに、インフルエンザという病気は高熱を発することが多いです。高熱を出すと、脳炎が起こることにより興奮状態、せん妄状態となり、異常行動を起こすことがあることはリレンザという薬が開発される以前から知られていました。また、かつては異常行動を起こしたとしても命にかかわるようなことはあまり起こらなかったのに対し、昨今の住宅事情ではマンション暮らしの人が相対的に非常に多くなっていることもあり、高層階の窓から飛び出し、結果的に転落死するといった事象が発生したりして大きく取り上げられるところとなったというのも影響しているかもしれません。
結論として、リレンザの影響かどうかははっきりしないものの、注意するに越したことはないということになります。