吸引タイプのリレンザはインフルエンザ治療薬です。リレンザは治療だけではなく予防薬として使えますし、 タミフルと違い副作用も少なく即効性がある薬で、新型インフルエンザにも効果があり安全性の高い吸入薬です。

リレンザを購入するには

インフルエンザの予防や治療にリレンザを用いる場合の購入方法は2つあります。
「病院で医師に処方箋を出してもらい薬局で購入する方法」「個人輸入で購入する方法」です。

リレンザの効果
リレンザは 薬の粉末を吸って 器官に直接届きます
比較
リレンザ
吸引薬 吸い込んで呼吸器に薬を直接届ける
感染48時間以内で早期治療が期待できる ※即効性があるため
リレンザが効きにくいウイルスが存在しない
子供でも使用できる
タミフル
カプセル剤 飲んで吸収し、血液をたどり器官に届く
感染24時間以内で早期治療が期待できる
タミフルが効きにくいウイルスが存在する
子供には原則として使用されない
リレンザの副作用
未成年の異常行動が報告されているタミフルより副作用が少ないです。しかし、2日間は注意して見守ってください。
インフルエンザによる異常行動もあるため、服用しない場合でも注意して見守る必要があります。
※副作用が少ない薬ですが、薬である以上、リスクは0ではありません。
重大な副作用としてショック、アナフィラキシー反応症状が現れることがあり、服用後は十分に観察するよう注意が必要です。
異常が現れた場合には速やかに服用を止め、専門の医師に相談するようにしましょう。
リレンザ正規品を購入する

リレンザを購入するには

インフルエンザの予防や治療にリレンザを用いる場合の購入方法は2つあります。

薬局にて購入する方法

まず1つは病院で医師の診察を受けた後に処方箋を書いてもらい薬局にて購入する方法です。

しかし、予防薬として購入する場合には、処方箋を出してくれる医師と出してくれない医師とで対応がわかれ、いくつか条件が必要となります。

インフルエンザ発症者と暮らしており、 感染する可能性が高い場合

インフルエンザに感染すると、持病との合併症により重症化するリスクが高い場合

上記以外の場合は、医師にリレンザを不要と判断されることがあります。

また、予防薬・常備薬として購入する場合は「全額負担」となります。

個人輸入する方法

2つ目に通販サイトを利用して、海外から個人輸入という形で購入する方法があります。

「インフルエンザウイルスの感染を予防するため」や「流行時期に備えて常備しておくため」という目的の場合、医師の判断により処方箋を出してもらえない場合があります。
そのため「予防薬」「常備薬」として購入する場合は、個人輸入が一番簡単な手段となります。

しかし、一度に購入可能な量が限られていたり、使用によって身体に異変が生じた場合には使用者自身の責任になってしまうという欠点もあります。
リレンザの服用後、身体に異変を感じたら迷わずにお近くの医師に相談しましょう。

リレンザは冬に常備しておきたい医薬品

下記で説明する通り、インフルエンザ薬は48時間以内の服用による「早期治療」が期待できます。
そのため、インフルエンザが流行しだす前の秋から冬にかけて、常備薬として購入する人が多い傾向があります。

リレンザの主な効果としては、吸入器を使用しリレンザの薬剤を体内に取り込むことで、有効成分であるザナミビルが、ノイラミニダーゼと呼ばれる物質の働きを阻害します。
これにより、インフルエンザウイルスが妨げられ、ウイルスの増殖や症状の進行を抑える効果があります。
またインフルエンザは主に鼻や喉で増殖するため、リレンザを直接吸入することで錠剤タイプのタミフルなどよりも即効性が高いとされている薬です。
リレンザはインフルエンザウイルスのうち、A型とB型に対して効果を発揮しますが、C型についてはノイラミニダーゼを持たないため効果がありません。
また、リレンザが効果を発揮するのは感染から48時間以内にしようした場合となりますのでインフルエンザの疑いを感じたら早めの服用を心がけましょう。