吸引タイプのリレンザはインフルエンザ治療薬です。リレンザは治療だけではなく予防薬として使えますし、 タミフルと違い副作用も少なく即効性がある薬で、新型インフルエンザにも効果があり安全性の高い吸入薬です。

リレンザを個人輸入するには

リレンザを常備薬・予防薬として病院で購入する場合、保険適応外となり10割負担となります。
そのため海外から個人輸入される方が増えています。
個人輸入代行サイトは通販サイトと同じ作りなので、気軽に購入できます。
しかし、悪質な業者もあるため、長年の運営実績がある業者を選ぶことをオススメします。

リレンザの効果
リレンザは 薬の粉末を吸って 器官に直接届きます
比較
リレンザ
吸引薬 吸い込んで呼吸器に薬を直接届ける
感染48時間以内で早期治療が期待できる ※即効性があるため
リレンザが効きにくいウイルスが存在しない
子供でも使用できる
タミフル
カプセル剤 飲んで吸収し、血液をたどり器官に届く
感染24時間以内で早期治療が期待できる
タミフルが効きにくいウイルスが存在する
子供には原則として使用されない
リレンザの副作用
未成年の異常行動が報告されているタミフルより副作用が少ないです。しかし、2日間は注意して見守ってください。
インフルエンザによる異常行動もあるため、服用しない場合でも注意して見守る必要があります。
※副作用が少ない薬ですが、薬である以上、リスクは0ではありません。
重大な副作用としてショック、アナフィラキシー反応症状が現れることがあり、服用後は十分に観察するよう注意が必要です。
異常が現れた場合には速やかに服用を止め、専門の医師に相談するようにしましょう。
リレンザ正規品を購入する

リレンザを個人輸入するには

個人輸入が増える背景

インフルエンザ治療薬は病院で予防用として処方してもらう場合には、地域によって条件が異なります。 また保険が利かない場合があり、こういったデメリットを避けるために近年ではインターネットから個人輸入というカタチでインフルエンザ治療薬を購入される方が増えてきています。

個人輸入のデメリット

個人輸入は個人の使用に限り一定数だけしか購入することができず、使用後に何らかの問題が発生した場合にも全て自己責任となりますので注意が必要です。
また近年ではこうした個人輸入を代行するサービス業者もたくさん現れてきましたが、粗悪品や偽物を売りつけたり、非常に高額な料金を請求されるなどの被害もあるようです。
薬の個人輸入に限らず、こういったインターネットを使用したサービスを利用する場合には「良心的な業者か、悪質な業者か」といった見極める力が求められます。

安心できる個人輸入サイトの見分け方

また薬の個人輸入に関しての見極める手段としては、すでに利用している人の口コミや体験談などの書き込みや関連の掲示板などを確認して、評価が良いか否かを判断する材料として利用できます。
また、その業者がどれだけ長く経営しており実績があるかも注目したいところです。
インターネット上において、老舗と言われるほど長年に渡って運営している業者もありますので、そういったところを利用し購入することが一番安全性が高いといえます。

どうしても判断が出来ず不安な場合には、きちんと病院へ行って処方を受けることも大切です。