吸引タイプのリレンザはインフルエンザ治療薬です。リレンザは治療だけではなく予防薬として使えますし、 タミフルと違い副作用も少なく即効性がある薬で、新型インフルエンザにも効果があり安全性の高い吸入薬です。

リレンザの添付文書

添付文書とは医薬品における警告や注意上の注意、品目使用などの製品情報を薬事法に基づいて記載した公文書です。
リレンザの添付文書[PDF]をダウンロードする

リレンザの効果
リレンザは 薬の粉末を吸って 器官に直接届きます
比較
リレンザ
吸引薬 吸い込んで呼吸器に薬を直接届ける
感染48時間以内で早期治療が期待できる ※即効性があるため
リレンザが効きにくいウイルスが存在しない
子供でも使用できる
タミフル
カプセル剤 飲んで吸収し、血液をたどり器官に届く
感染24時間以内で早期治療が期待できる
タミフルが効きにくいウイルスが存在する
子供には原則として使用されない
リレンザの副作用
未成年の異常行動が報告されているタミフルより副作用が少ないです。しかし、2日間は注意して見守ってください。
インフルエンザによる異常行動もあるため、服用しない場合でも注意して見守る必要があります。
※副作用が少ない薬ですが、薬である以上、リスクは0ではありません。
重大な副作用としてショック、アナフィラキシー反応症状が現れることがあり、服用後は十分に観察するよう注意が必要です。
異常が現れた場合には速やかに服用を止め、専門の医師に相談するようにしましょう。
リレンザ正規品を購入する

リレンザの添付文書

リレンザの添付文書についてご紹介します。

リレンザの添付文書[PDF]をダウンロードする

添付文書とは

添付文書とは医薬品における警告や注意上の注意、品目使用などの製品情報を記載した書面です。
日本では薬事法に基づいて作成される公文書です。
また添付文書は電子化され公開しなければならないと定められているため、インターネットなどで手軽に内容を閲覧することが可能です。

添付文書の内容

効果効能について

効果効能ですが、リレンザはインフルエンザA型とB型に治療と予防効果があるとされています。

注意事項について

効果効能の注意事項として、インフルエンザ発症から2日以内に投与し、インフルエンザC型には効果がないと記されています。

用法・用量について

(1)治療に用いる場合、1日2回、5日間リレンザを吸入する。
(2)予防に用いる場合、1日1回、10日間リレンザを吸入します。
治療と予防で用法・用量が異なりますので注意しましょう。

その他の詳細について

その他にも使用上の注意事項や副作用、高齢者や小児、妊婦の方などの使用上の注意事項など、細かく記されています。
臨床成績など専門的内容も沢山入っているため、全て理解することは難しいですが、病院でリレンザを処方を受ける際には医師より使用方法や細かい注意事項を説明されるかと思いますので、決められた用法・用量を守り使用しましょう。
服用する前に一度この添付文書に目を通しておくのも良いでしょう。