吸引タイプのリレンザはインフルエンザ治療薬です。リレンザは治療だけではなく予防薬として使えますし、 タミフルと違い副作用も少なく即効性がある薬で、新型インフルエンザにも効果があり安全性の高い吸入薬です。

リレンザの注意事項

できるだけインフルエンザウイルスに感染後、早期(48時間以内)に服用して下さい。 リレンザと併用禁忌な薬はありません。
過去にリレンザで過敏症が現れた人の場合は禁忌になります。
未成年の方、妊婦の方、授乳婦の方、喘息の方、乳製品過敏症の方、細菌感染症の方等は、添付文書をよく読み注意して服用して下さい。

リレンザの効果
リレンザは 薬の粉末を吸って 器官に直接届きます
比較
リレンザ
吸引薬 吸い込んで呼吸器に薬を直接届ける
感染48時間以内で早期治療が期待できる ※即効性があるため
リレンザが効きにくいウイルスが存在しない
子供でも使用できる
タミフル
カプセル剤 飲んで吸収し、血液をたどり器官に届く
感染24時間以内で早期治療が期待できる
タミフルが効きにくいウイルスが存在する
子供には原則として使用されない
リレンザの副作用
未成年の異常行動が報告されているタミフルより副作用が少ないです。しかし、2日間は注意して見守ってください。
インフルエンザによる異常行動もあるため、服用しない場合でも注意して見守る必要があります。
※副作用が少ない薬ですが、薬である以上、リスクは0ではありません。
重大な副作用としてショック、アナフィラキシー反応症状が現れることがあり、服用後は十分に観察するよう注意が必要です。
異常が現れた場合には速やかに服用を止め、専門の医師に相談するようにしましょう。
リレンザ正規品を購入する

リレンザの注意事項

リレンザの使用にはいくつかの注意事項があります。

まず、できるだけインフルエンザウイルスに感染後、早期に服用することです。
インフルエンザウイルスは体内に侵入後、非常に早い速度で増殖しはじめますので、インフルエンザ発症後48時間以内に服用することでウイルスの増殖を抑えることが可能です。

リレンザの禁忌について

リレンザと併用禁忌な薬はありません。
過去にリレンザで過敏症が現れた人の場合は禁忌になります。

未成年の方

少ないですが未成年の異常行動が報告されています。
インフルエンザ自体が原因とも言われていますが、未成年の方が利用する場合は、2日程様子を見て下さい

4歳以下の幼児

低出生体重児、新生児、乳児又は4歳以下の幼児に対する安全性は確立していません
これはまだ使用経験が少ないためです。

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人

治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ服用して下さい。
授乳婦の方が服用した場合は、授乳を避けて下さい。

喘息の方

喘息や持病がある方の服用については、リレンザ服用前に喘息の治療薬を服用するようになっています。
これは喘息持ちの方がリレンザ吸引時に、喘息発作などの恐れがあるためです。

乳製品過敏症の方

乳製品過敏症の患者に投与した際にアナフィラキシーがあらわれたとの報告があります。
注意して服用して下さい。

細菌感染症の方

インフルエンザウイルス感染症に合併することがあります。
適切な処置を行って下さい。

リレンザの副作用について

厚生労働省によると、一般的には安全な医薬品ですが、稀に副作用を生じることがあるようです。
使用開始後に下記のような異常を感じた場合は、医師に相談して下さい

顔や上半身の紅潮・熱感、皮膚のカユミ、蕁麻疹、口唇や舌・手足の痺れ感、むくみ、吐き気、顔面蒼白、手足が冷たくなる、冷や汗、息苦しさ・胸苦しさ、頭痛、手指のしびれ感、不眠症、下痢、悪心、嘔吐、食欲不振、咽喉乾燥、口乾、口内炎、舌あれ、味がおかしい、胸がどきどきする、発熱、発汗、首が痛い、背中が痛い