吸引タイプのリレンザはインフルエンザ治療薬です。リレンザは治療だけではなく予防薬として使えますし、 タミフルと違い副作用も少なく即効性がある薬で、新型インフルエンザにも効果があり安全性の高い吸入薬です。

リレンザとタミフルの違い

リレインザは吸入薬で即効性があり、感染後48時間に服用が望ましいです。
タミフルはカプセル剤で、感染後24時間に服用が望ましいです。原則10歳以上の未成年には使えません。タミフル耐性ウイルスが存在します。

リレンザの効果
リレンザは 薬の粉末を吸って 器官に直接届きます
比較
リレンザ
吸引薬 吸い込んで呼吸器に薬を直接届ける
感染48時間以内で早期治療が期待できる ※即効性があるため
リレンザが効きにくいウイルスが存在しない
子供でも使用できる
タミフル
カプセル剤 飲んで吸収し、血液をたどり器官に届く
感染24時間以内で早期治療が期待できる
タミフルが効きにくいウイルスが存在する
子供には原則として使用されない
リレンザの副作用
未成年の異常行動が報告されているタミフルより副作用が少ないです。しかし、2日間は注意して見守ってください。
インフルエンザによる異常行動もあるため、服用しない場合でも注意して見守る必要があります。
※副作用が少ない薬ですが、薬である以上、リスクは0ではありません。
重大な副作用としてショック、アナフィラキシー反応症状が現れることがあり、服用後は十分に観察するよう注意が必要です。
異常が現れた場合には速やかに服用を止め、専門の医師に相談するようにしましょう。
リレンザ正規品を購入する

リレンザとタミフルの違い

一昔前のインフルエンザ対処法

インフルエンザは主に冬場に集団感染の恐れが最も高くなる脅威的な威力を持つウイルス性の病気です。
一昔前はインフルエンザに感染してしまった場合の対処方法としては、水分の摂取や解熱剤の服用などしかありませんでした。
※適切な解熱剤を使わないと「インフルエンザ脳炎・脳症」を重症化させる危険性があります。
※水分の摂取は今でも重要です。

近年のインフルエンザ対策薬

近年ではリレンザがインフルエンザの対策薬として広く利用されるようになりました。
日本で利用されているインフルエンザの特効薬として代表的な治療薬がリレンザとタミフルです。
また、どちらもインフルエンザA型、B型に効果のあるメジャーな薬です。
リレンザもタミフルもインフルエンザの発症後、速やかに服用することで、より高い効果を発揮する薬となります。

リレンザとタミフルの比較

このリレンザとタミフルの効果や違いを比較しご紹介します。

リレンザの特徴

リレンザの特徴としては吸入薬であるため、呼吸器での吸収が穏やかに行われるため副作用が出にくいという大きなメリットを持っています。
また、リレンザはインフルエンザ感染後、48時間以内に服用することが望ましいとされています。
リレンザには耐性を持ったウイルスが現時点では存在していません。これがリレンザとタミフルの大きな利点の差だといえます。

タミフルの特徴

タミフルはカプセル剤の医薬品で、インフルエンザ菌の増殖を押さえ、解熱効果を発揮してくれます。
また、タミフルはインフルエンザ感染後、24時間以内に服用することが望ましいとされています。
未成年がタミフル服用後に異常行動をとる事が大きく報告されるようになり、現在では原則として10歳以上の未成年には処方されていません
その他にタミフル耐性を持つインフルエンザウイルスがあり、タミフルの効果が低くなることがあります。