吸引タイプのリレンザはインフルエンザ治療薬です。リレンザは治療だけではなく予防薬として使えますし、 タミフルと違い副作用も少なく即効性がある薬で、新型インフルエンザにも効果があり安全性の高い吸入薬です。

リレンザとインフルエンザの特徴

インフルエンザは風邪よりも症状が重たく、急な発熱があります。
インフルエンザウイルスの潜伏期間は1日から3日と非常に短く、ウイスルが体内で急速に増殖します。
ウイルスが増殖する前、つまり感染して48時間以内に、即効性のあるリレンザを服用することが重要です。

リレンザの効果
リレンザは 薬の粉末を吸って 器官に直接届きます
比較
リレンザ
吸引薬 吸い込んで呼吸器に薬を直接届ける
感染48時間以内で早期治療が期待できる ※即効性があるため
リレンザが効きにくいウイルスが存在しない
子供でも使用できる
タミフル
カプセル剤 飲んで吸収し、血液をたどり器官に届く
感染24時間以内で早期治療が期待できる
タミフルが効きにくいウイルスが存在する
子供には原則として使用されない
リレンザの副作用
未成年の異常行動が報告されているタミフルより副作用が少ないです。しかし、2日間は注意して見守ってください。
インフルエンザによる異常行動もあるため、服用しない場合でも注意して見守る必要があります。
※副作用が少ない薬ですが、薬である以上、リスクは0ではありません。
重大な副作用としてショック、アナフィラキシー反応症状が現れることがあり、服用後は十分に観察するよう注意が必要です。
異常が現れた場合には速やかに服用を止め、専門の医師に相談するようにしましょう。
リレンザ正規品を購入する

リレンザとインフルエンザの特徴

インフルエンザの特徴

インフルエンザはインフルエンザウイルスにより発症するウイルス性の病気です。
主な症状として、頭痛や寒気、関節痛、倦怠感などの全身症状に加えて、喉の痛みや咳・くしゃみなどが現れます。
またインフルエンザウイルスの潜伏期間は1日から3日と非常に短く、ウイスルが体内で急速に増殖することが分かります。

インフルエンザへの対応

インフルエンザのワクチンによる予防接種はインフルエンザの流行ピークが始まる11月ごろまでに予防接種をしておく必要があります。
通常の風邪よりも症状が重たく、急な発熱があった場合にはインフルエンザの疑いがありますので、お近くの医療機関にてインフルエンザの検査を行うことをおすすめします。
また、インフルエンザの検査方法については、綿棒などで鼻や喉の奥の粘膜を拭い、専用の検体キットに滴下して判定を行います。
とても簡単な検査ではありますが、リレンザは発症から48時間以内に服用を開始しないと効果が下がってしまうため、急な発熱などが現れた場合には、念のため2日以内に医療機関にて受診することをおすすめします。

抗インフルエンザ治療薬

病院でインフルエンザの治療薬として処方されるのは主にリレンザもしくはタミフルです。
リレンザが吸入薬に対して、タミフルはカプセル剤となります。

リレンザは子供でも使用できる簡単な治療薬です。しかし、タミフルは未成年者のタミフル服用後の飛び降りなどの異常行動が問題視され、2007年には10代の患者への処方が禁止されました。現在では1~5歳未満の場合はタミフルを第一選択に考えられてますが、10~19歳の場合は厚生労働省からの連絡にしたがって、原則としてタミフルを使用されません。 そのため、10~19歳の場合はリレンザが処方されます。20歳以上の方にはタミフル、リレンザ吸引薬等の抗インフルエンザ治療薬いずれかを処方されます。