吸引タイプのリレンザはインフルエンザ治療薬です。リレンザは治療だけではなく予防薬として使えますし、 タミフルと違い副作用も少なく即効性がある薬で、新型インフルエンザにも効果があり安全性の高い吸入薬です。

リレンザとは

リレンザとは、ザナミビルを主成分とする世界で最初に開発された抗インフルレンザ薬です。
即効性があるため感染後48時間以内で早期治療に効果が期待できます。
また、抗インフルレンザ薬のタミフルより副作用が少ないことで知られています。

リレンザの効果
リレンザは 薬の粉末を吸って 器官に直接届きます
比較
リレンザ
吸引薬 吸い込んで呼吸器に薬を直接届ける
感染48時間以内で早期治療が期待できる ※即効性があるため
リレンザが効きにくいウイルスが存在しない
子供でも使用できる
タミフル
カプセル剤 飲んで吸収し、血液をたどり器官に届く
感染24時間以内で早期治療が期待できる
タミフルが効きにくいウイルスが存在する
子供には原則として使用されない
リレンザの副作用
未成年の異常行動が報告されているタミフルより副作用が少ないです。しかし、2日間は注意して見守ってください。
インフルエンザによる異常行動もあるため、服用しない場合でも注意して見守る必要があります。
※副作用が少ない薬ですが、薬である以上、リスクは0ではありません。
重大な副作用としてショック、アナフィラキシー反応症状が現れることがあり、服用後は十分に観察するよう注意が必要です。
異常が現れた場合には速やかに服用を止め、専門の医師に相談するようにしましょう。
リレンザ正規品を購入する

リレンザとは

リレンザとは、ザナミビルを主成分とする世界で最初に開発された抗インフルレンザ薬です。

販売会社について

元々はオーストラリアのビオタ(Biota)社によって、初めてのノイラミニダーゼ阻害薬としてザナミビルが開発されました。
その後、ビオタ社よりスイスのグラクソ・スミスクライン社に独占的にライセンスが提供され、現在はグラクソ・スミスクライン社より「リレンザ」という商品名で販売されています。
また日本にも現地法人として東京都渋谷区にグラクソ・スミスクライン株式会社が置かれています。

特徴について

リレンザの一番の特徴としては吸入タイプの薬であることが挙げられます。
これはインフルエンザウイルスが呼吸と共に鼻や喉から吸い込まれ、気道などの粘膜で増殖する性質を持つため、粉末であれば粘膜に直接働きかけますので、タミフルなどのカプセル剤では十分に行き届かない気道に対して、吸入式は迅速に薬剤を届けウイルスの増殖を抑え治療できるため、十分な効果と即効性が期待できます。

用法について

このリレンザを治療薬として用いる場合、成人および小児はリレンザの薬であるブリスター10mg(5mg2個分)を1日2回吸入し、これを5日間行います。
※予防薬として服用する場合には、服用回数が異なりますので注意して服用しましょう。

リレンザの効果

インフルエンザとは

インフルエンザは風邪と違い急性の呼吸器感染症であり、喉から侵入したウイルスが気道で細胞への感染と同時に増殖を急激に繰り返すため、症状が全身に現れ、子供や高齢者、持病のある方は重症化するケースも多い為、注意が必要な感染病です。

リレンザとインフルエンザ

リレンザは、このインフルエンザウイルスによるノイラミニダーゼと呼ばれる酵素に対して、増殖や感染を防ぐ効果があります。
主にノイラミニダーゼを持つインフルエンザA型やインフルエンザB型に効果を発揮します。
ただしノイラミニダーゼを持たないインフルエンザC型には無効とされています。

インフルエンザウイルスの殻表面にはヘマグルチニンとノイラミニダーゼという2種類の糖タンパク質があり、ヘマグルチニンはウイルスが宿主に感染する場合に必要ですが、宿主内で複製・増殖されたウイルスが出芽により遊離される際には、複製されたウイルスのノイラミダーゼが宿主細胞の表面にある糖蛋白質からシアル酸残基を切断して、ヘマグルチニンと宿主細胞の糖タンパク質との結合を切り離し、子孫ウイルスを遊離させ、宿主周辺の非感染細胞への感染を可能にします。

また、リレンザは吸入薬のため、服用薬とは違い副作用の発生も少ないとされ、インフルエンザの治療薬であるタミフルよりも人気の薬です。

リレンザの耐性ウイルスがいない

タミフルはタミフル耐性ウイルスのように薬が効きにくいウイルスがいます。
しかし、リレンザは耐性ウイルスを持つインフルエンザウイルスが現時点では存在しないため、タミフルよりも効果は高いとされています。

48時間以内の服用

体内に侵入したインフルエンザウイルスは、およそ48時間で増殖のピークに達し、やがて喉の細胞から飛び出し始めてしまいます。
その為、このリレンザはインフルエンザウイルスに感染してから48時間以内に服用することで、より高い効果を発揮すると言われています。
インフルエンザの可能性がある場合には、できる限り医師の診断を仰ぎ、早く治療を開始する必要があります。
リレンザは持病や高齢者の方にも用いることが可能な薬で、早い方では1日~2日で回復される方もいます。

48時間を超えてしまった場合

では、インフルエンザウイルスの増殖ピークである48時間を越えてしまった場合にはリレンザは無効化してしまうのか?と言われるとそうではありません。
48時間とは、あくまでも統計上の目安であり、実際にはその人の体の特徴や免疫力、状態などにより異なりますので、中には40時間で増殖のピークを迎える人もいれば、50時間以上経ってピークを迎える人もいます。そのため一概48時間とは言いがたいのです。

ウイルスの悪化(重症)を防ぐ

またインフルエンザからなる脳炎や脳症などの重症化を防ぐ働きもあります。
これらのことからも治療が早ければ早いほどウイルスの増殖を抑えられ悪化を防ぎ、早期治療が可能となるため、リレンザの治療効果はやはり重要視されています。

リレンザ予防投与としての効果

病院で予防投与できる条件

インフルエンザ治療薬として優れた効果を持つリレンザは、予防薬としても使用することができますが、病院で処方を受ける場合にはいくつかの条件が必要となります。

インフルエンザ発症者と一緒に生活する家族や友人がいる場合。
※感染する可能性が高いため。

慢性呼吸器疾患又は慢性心疾患患者、代謝性疾患患者(糖尿病等)、腎機能障害患者、高齢者(65歳以上)などの持病がある場合。
※インフルエンザによる重症化などのリスクを避けるため。

予防薬として使う場合、保険適応外(全額負担)となります。

予防投与と効果

このリレンザを予防薬と使用する場合には、治療時と服用回数が異なり成人および小児はリレンザの薬であるブリスター10mg(5mg2個分)を1日1回吸入し、これを10日間行います。
これにより薬を吸入している日のみインフルエンザウイルスの増殖に必要なノイラミダーゼを事前に阻害し、インフルエンザウイルスが侵入しても増殖できない環境をつくることでインフルエンザの発症を予防することが可能となります。

病院で予防投与を受けれない場合

また上記以外の方で、万が一のための予防用として購入を考えている方は医療機関に相談する必要があります。
その他にもパソコンや携帯電話から利用できる薬の通販サイトなどを利用し海外のメーカーや小売店から直接個人輸入で購入することが可能です。

個人輸入するには

リレンザの副作用

リレンザの副作用についてご紹介します。

吸入薬なので副作用が出にくい

またカプセル剤のタミフルなどと違い吸入薬のリレンザは比較的副作用が出にくいといわれています。
しかし、リレンザに限らず薬には副作用が存在するため、使用方法をきちんと確認した上で決められた用量・用法を守り使用しましょう。

副作用について

主な副作用として下痢、頭痛、発疹、鼻の炎症、鼻血、悪心、嘔吐、視覚障害などの副作用が報告されています。
その他に重大な副作用としてショック、アナフィラキシー反応症状が現れることがあり、服用後は十分に観察するよう注意が必要です。
蕁麻疹、発疹、呼吸困難、血圧の低下などが現れた場合には速やかに服用を止め、専門の医師に相談するようにしましょう。

副作用を感じたら

リレンザは副作用の少ない薬ではありますが、薬である以上、副作用を伴うリスクは0ではありませんので気になる症状や強い副作用を感じたら、すぐに薬の服用を中止して医師に相談しましょう。

リレンザ副作用と異常行動について

インフルエンザの治療中に発生する異常行動についてご紹介します。

タミフルの異常行動問題

この問題はインフルエンザの治療薬として有名なタミフルでまず問題視されました。
タミフルが日本で発売され始め、平成13年2月~平成23年3月までに約5200万人の患者に処方されましたが、平成20年11月1日までに12~17歳が突然、転落や飛び降りなどの異常行動を起こしました。
特に幼児を含む未成年者に多くみられる異常行動は世間を大きく騒がせましたが、今なお原因は分かっていません。

リレンザの場合は異常行動の報告が少ない

厚生労働省のホームページでは「タミフル」以外の「リレンザ」「イナビル」等の治療薬を服用した場合の異常行動も報告されています。
主に乳幼児や小学生などの10歳未満を含む年齢層で「睡眠状態であるにもかかわらず歩き回る」「親の制止を振り切って走り出す」といった例です。
しかし、タミフルほどの異常行動の報告例が少ないことから、世間ではさほどリレンザについて騒がれていません。

異常行動はインフルエンザの症状

現在ではインフルエンザ治療薬の副作用とは別に、幼児や未成年者を中心にインフルエンザの発症後に異常行動などの精神・神経症状が現れることが知られており、注意が呼びかけられています。

薬を飲まない状態でも注意が必要

異常行動による思わぬ事故を防止するためにも自宅療養中の子供を一人きりにはせず、療養開始から少なくとも2日間は大人が見守るようにするとよいでしょう。
また、異常行動以外にもインフルエンザは急に悪化するケースもありますので、子供が安心して療養できるためにも、しっかりと見守ってあげましょう。